トップ > Q&A一覧表 > Q&A

視力回復の悩み解消:Q&A


今後どんどんまとめていきますので、お楽しみに!

Q1:
先日眼科で、左目が1.2で、右目が0.8と言われました。
右目だけであたりを見ると、遠くがぼやけます…。
そんなに不便じゃないですけど、メガネはちょっと・・・。
視力回復の方法を教えてくださいm(__)m

A:
0.8でしたら、軽度の近視状態です。
回復する可能性は非常に高いと思います。

トレーニングの基本は、
@外眼筋のストレッチと
A毛様体筋の遠近トレーニング
です。

このやりかたで、0.2から1.0になった人を
何人も知っています。

Q2:
視力について、相談です。中3女子です。
今まで、視力が1.2くらいあったのが、ここ半年の短期間で0.4まで落ちてしまいました。
原因は、パソコンや暗いところでケータイを扱ったりしたせいだと思います。

眼科に行き何度もコンタクトの練習をしたのですが、目に異物を入れるのが怖く、自分で入れるのも外すのも無理でした。眼鏡は疲れるし、家では使っていますが、場所によっては抵抗があります。
レーシックが気になるのですが、怖いし高いので親に頼めません。
私はどうするべきでしょうか?

今まで視力が良かった分、今本当に辛いです。

A:
私も中3の時に視力が悪くなりました。中2までは、2.0でとてもよく見えていたのに、高1では、0.2になっていました。

私も同じような経験をしたので、急に視力が低下して不便な気持はよく分かります。

「原因は、パソコンや暗いところで携帯を扱ったりしたせいだと思います。」ということですが、
現在、パソコン、携帯、ゲーム機の画面等を長時間見続けたために、視力が低下している人ってホントに多いんですよ。

ちなみに、私の視力が低下した原因は、中3の時、高校受験の勉強をする時間が増えたのですが、薄暗い部屋で勉強をしていたのが悪かったのでしょう。

私は、中3の時に眼科の先生の指導を受け、眼鏡を掛けました。「眼鏡は掛けたりはずしたりせずに、ずっと掛けていないと視力が低下しますよ。」と言われて、ずっと掛けていたのですが、本当は、これが原因で視力がどんどん悪くなっている人が多いそうです。ずっと、あとで分かったことですが。

大人になり、コンタクトもしてみました。私も最初はゴロゴロした感じがありましたが、だんだん慣れてきました。しかし、忙しい時などに消毒等の処置が面倒になり、また、眼鏡に戻りました。

これも、後で知ったことですが、コンタクトを長年着けていると角膜が薄くなる原因になるそうです。怖いですね。

その後、どんどん視力が低下し、0.03まで悪くなりました。そして、ここから視力回復のトレーニングを始めました。今は、0.3まで回復してきました。もちろん、眼鏡は掛けたりはずしたりしています。

視力回復について、たくさんの情報が飛び交っています。日本では、次のような考え方をしておられる人がホントに多いですね。

「視力が低下し始めたら、回復することは無く、徐々に視力は悪くなり、そのうち眼鏡を掛けたり、コンタクトを付けたりするようになるのが普通である。」と。

私も、以前はそう思っていましたが、実際に自分で体験してみるとトレーニングで回復できるんですよ。あきらめるのは、まだ早いですよ。

私は現在、一日に10時間以上パソコンを使って、ホームページを作る仕事をしています。眼の上手な使い方をすれば、大丈夫なんですよ。

それでは、視力回復のためのトレーニングの方法をご紹介します。

【眼のストレッチをしましょう】

硬くなった眼の筋肉の柔軟性を取り戻すために、まず眼の筋肉のストレッチをしましょう。

1.眼をギュッと閉じて、パッと開きます。 これを三回繰り返します。
2.眼を上→下→右→左→右上から左下へ→左上から右下へ→右回り→左回りの順で動かします。これを三回繰り返します。
3.眼を軽く閉じて深呼吸を30秒ほどしてくださいね。

【遠近トレーニングをしましょう】

最近は、下記のように手軽な方法でトレーニングしています。
パソコンの文字を見ます。→2〜3メートル離れたテレビの画面を見ます。
これを交互に40回程繰り返します。

私の場合は、仕事上ほとんど一日中パソコンを使っているので、この方法は簡単にできていいですね。
また、良い天気の日には、帽子をかぶって外に出て、犬と散歩をしています。そして、遠くを見たり、近くを見たりを繰り返し行います。

大切なことは、眼に疲れを溜めないように、眼が疲れたかなと思ったら、すぐ眼を閉じて深呼吸をする癖を着けてみてくださいね。

Q3:
僕は中一まで目が良かったんですけど2年になって急激に目が悪くなりました。
なので、目を良くする方法教えてください。
視力改善にご協力お願いします。

A:
私は中学2年の時までは、視力は2.0あり、視力検査では一番下まで良く見えていました。

ところが、中3になって、徐々に視力が低下し始め、眼科に行くと、目薬をもらって、「しばらく様子をみましょう。」と言われました。

数カ月がたち、再び眼科に行くと、「そろそろ眼鏡を作りましょうか。」と言われました。

そして、眼鏡をかけはじめると、どんどん視力が低下し、たびたび眼鏡を作り替えました。

大人になり、コンタクトをはめてみました。
しかし、レンズの消毒等手間が面倒で、また眼鏡に戻りました。

そして、とうとう視力も0.03まで落ちてしまいました。

ここまでくるとレンズも分厚くなり、眼鏡を掛けたりはずしたりすると、頭がクラクラします。頭痛、はきけに悩まされ、よくドアやガラスに頭からぶつかったものです。

私の場合は、ここから「どうしても視力を取り戻したい。」という気持ちがおきてきました。視力が回復するといわれるものは、いろいろ挑戦してみました。その結果、現在は、視力0.3まで回復できました。

なぜ自分は、眼が悪くなったのかを考えてみました。
当時は、高校入試の受験勉強の時期だったのですが、
蛍光灯を使わずに薄暗い部屋で勉強していたことを思い出します。

当時、中学3年になった頃は、2.0の視力が、
1年後の高校1年の時には、0.2になっていました。
普通、有り得ないですよね。でも、事実なんですよ。

しかし、0.03から視力回復トレーニングを始めたら、
さらに、有り得ないことがおこりました。

トレーニングをすると、頭痛がして眼の奥が痛くなりだしたのです。
もしかしてと思って、眼鏡店で視力を測定してもらったら、
なんと視力が上がって今まで使っていた眼鏡のレンズが
合わなくなっていたのです。

このような経験を何度も体験し、眼鏡のレンズもどんどん弱いものに変わり、ついに0.3まで回復したのです。さすがに、これ以上は良くならないようですが・・・。

さて、私が回復したトレーニングのポイントは、
「眼筋のストレッチ」と「遠近トレーニング」です。
休みの日などたまには、遠くを見ながらのんびりと散歩してみましょう。
公園とか景色の良いところが近くにあれば、場所としては最高ですよね。

Q4:
視力回復方法を教えてください。
@眼をギュッと閉じて、「1、2、3」と心の中で数えます。
A眼を上向きにして、「1、2、3」と心の中で数えます。
B眼を下向きにして、「1、2、3」と心の中で数えます。
C眼を右向きにして、「1、2、3」と心の中で数えます。
D眼を左向きにして、「1、2、3」と心の中で数えます。
E眼をぐるっと右回りさせます。
F眼をぐるっと左回りさせます。
というのがあったのですが、これは1日何回、何セットですか?またこれは本当に効くのですか?
現在、0.2と0.15です。回復しますか?

A:
上記の運動は、眼筋のストレッチです。

視力を回復させるためには、
「ストレッチ」+「遠近トレーニング」をセットで行うことが必要です。

これは、一日中パソコンを使用して仕事をしておられる人に対して、
どのようにしたら視力が回復するのかを考えて私が答えさせて頂いたものです。

仕事の合間のトイレに行く短い時間を利用してのトレーニング
として考えたのが、最初です。

私は、以前視力が0.03まで悪くなり、何とか回復したい一心で、
トレーニングをする所に通ったり、いろいろな方法を試したり、
視力回復のための勉強をしたりしました。
そして、現在は0.3まで回復できました。

そして、私の体験から、効果的な方法の一例として、
挙げさせていただいたものです。

その内容は、
@まず、眼球を動かす(上下左右斜め)筋肉のストレッチをしたあと、
A眼のピントを合わせる眼の筋肉(毛様体筋)の遠近トレーニングをして、
眼のピント調節機能を回復させることを目的としています。

私の場合は、トレーニングをすることにより、
ド近眼のレンズが合わなくなり、視力が回復することがおもしろくなり、
思い付いたらトレーニングをしていました。

しかし、今思えば、何でも「過ぎたるは及ばざるがごとし」で
眼が疲れないように気をつけながら少しずつ回数を増やしていく
のが良いのかもしれません。

現在の視力が0.2と0.15ということですが、
私が指導させて戴いた方で、視力0.15の人がトレーニングで1.0まで
回復された方がおられました。

Q5:
メガネは必要な時だけかけるのと、ずっとかけているのとはどちらが目にいいのでしょうか?

A:
私は、中学3年の時に、視力が低下しましたが、眼科の先生に指導されるままに、眼鏡をずっと掛けていました。そして、0.03まで悪くなりました。

一方、私の友人は、私と同じような頃に視力が低下し始めたのですが、眼鏡を掛けたり、はずしたりしていましたが、今は眼鏡を掛けなくても見えるようになったと言っています。

眼鏡は、遠くが見にくくなった時に遠くが見えるように度を合わせて作りますよね。そして、近くは眼鏡なしでも本が読めますよね。それなのに、わざわざ眼鏡を掛けて本を読んだらどうなるでしょうか。

答えは、このあたりにありそうです。
つまり、眼鏡を掛けなくても見える範囲の近くの距離は、眼鏡を掛けない方がいいし、眼鏡を掛けないと見えない距離になってくると、眼鏡を掛けて見ること、これが眼にとって最も負担が掛からない方法だと思います。

つまり、メガネは、掛けたりはずしたりするのが良いようです。

Q6:
長時間ゲームをやってしまう僕は、視力がとても悪いです。なぜ、目は、悪くなるんでしょうか?そして、どうしたら、目が、よくなりますか?

A:
近視になる原因は、主に遺伝と環境によります。そして、遺伝は、5%で、ほとんどが環境だとよく言われます。

現在の日本は、近視になるのは当然ともいえる環境に置かれています。
つまり、ゲーム機、パソコン、携帯電話、テレビ等の普及により、近くの物を長時間見続けることが多く、これが原因で近視になる人が急増しています。高校生で3人に2人は、近視になっているそうです。これは、本当は大変な事態なんですよ。

あなたも、長時間ゲームをやっていたことが、近視の直接の原因だと思います。視力をよくしようと思ったら、まず、自分の眼が悪くなった環境を変えないといけません。とにかく眼が疲れるまで、ゲームをやってはいけません。

上記のことをしっかり自覚した上で、トレーニングをすれば、視力が回復する可能性はあると思います。私も、0.03まで視力が悪くなり、回復した経験があります。

なぜ自分は、眼が悪くなったのかを考えてみました。
当時は、高校入試の受験勉強の時期だったのですが、
蛍光灯を使わずに薄暗い部屋で勉強していたことを思い出します。

つまり、薄暗い部屋で、長時間受験勉強をしたために、近くを見つめることが続き、ピントを合わす筋肉が凝り固まり、ピント調節の機能が働かなくなったことが近視の原因でしょう。

当時、中学2年までは、2.0あった視力が、中学3年の時には、0.7になり、
1年後の高校1年の時には、0.2になっていました。
メガネを掛け、社会人になって、気が付けば、0.03まで落ちてしまいました。
普通、有り得ないですよね。でも、事実なんですよ。

しかし、0.03から視力回復トレーニングを始めたら、さらに、有り得ないことがおこりました。

毎日トレーニングを続けていたら、頭痛がして眼の奥が痛くなりだしたのです。
もしかしてと思って、眼鏡店で視力を測定してもらったら、
なんと視力が上がって今まで使っていた眼鏡のレンズが
合わなくなっていたのです。

このような経験を何度も体験し、眼鏡のレンズもどんどん弱いものに変え、ついに0.3まで回復したのです。目標は、0.7〜1.0です。あきらめずに、必ず実現したいと思います。

さて、私が視力を回復したトレーニングのポイントは、
「眼筋のストレッチ」と「遠近トレーニング」です。
休みの日などたまには、遠くを見ながらのんびりと散歩してみましょう。
公園とか景色の良いところが近くにあれば、場所としては最高ですよね。

Q7:
ブルーベリーを飲むと視力が回復しますか?

A:
私は、五年間程、一日に3回濃縮のブルーベリーのサプリメントを飲み続けたことがあります。ブルーベリーの本も何冊も読んでみました。
その結果、効果のある人とない人があるということがわかりました。

どういうことかというと、「ブルーベリー」の中には、「アントシアニン」という成分が含まれています。この「アントシアニン」という成分が眼の働きに作用します。

つまり、この成分が、網膜から脳に情報を伝える神経伝達物質のロドプシンの再合成を助けます。これによって、疲れ眼が改善され、視力が回復する場合があるのです。

このように、神経伝達物質に関係して視力の低下がおきている人には、効果があるのです。血行がよくなるためか、最初のうちは、良かったと思います。しかし、ずっと飲み続けた結果、私の場合は、あまり効果は感じませんでした。

結局は、自分で試してみないとわかりませんが、ブルーベリーエキスの含有量には注目すべきだと思います。一粒に200mgも含まれているのに1ヶ月分で1,500円ぐらいの良心的なものもあれば、一粒に5mgしか含まれていないのに、1ヶ月分が7,000円もする怪しいものもあるので、注意が必要です。

Q8:
マジカル・アイをやると、本当に視力が良くなるんでしょうか?

A:
「マジカル・アイ」は、私も実際に試してみました。これには、「平行法」(遠くを見る眼の使い方を訓練する方法)と「交差法」(近くを見る眼の使い方を訓練する方法)があります。

私の場合は、交差法は簡単にできましたが、平行法は、いくら練習してもできませんでした。眼が疲れて、頭が痛くなってくるので、結局やめました。

Q9:
私は、弓道部に入ろうと思うのですが、弓道をすると目が良くなりますか?

A:
私が大学生の時、弓道部に入っていた友人がいましたが、 高校の時も弓道をしていたそうです。しかし、強度近視のようで、分厚いレンズの眼鏡を掛けていました。

夢を壊すようで、申し訳ないのですが、弓道部に入っても、視力回復には、効果は無いように思います。

では、どうやって視力を回復させるかですが、私は、「眼のストレッチ」と「遠近トレーニング」で、視力0.03から0.3に回復できました。

遠くを見ることは、大切ですが、遠くを見るだけではなく、「遠近トレーニング」をすることで、物に焦点を合わせる力がアップするのだと思います。

Q10:
私は小さいころから目が悪く、乱視のため眼鏡をかけています。目がよくなる方法、目の疲れが取れる方法等を教えてください。

A:
小さい頃から眼が悪く眼鏡をかけておられる場合は、訓練で視力が回復する可能性は低いと思います。

しかし、眼が疲れないようにする工夫と、眼の疲れをどのようにしてとるかということが大切になってくるでしょう。

現代の日本は、眼が悪くなる環境の中にどっぷりとつかっています。高校生で3人に2人の人が視力低下になっているそうです。結局は、自分の眼は自分で守るしかないのかもしれません。

それでは、眼が疲れないようにする工夫ですが、長時間近くを見続けないように必ず休憩を入れること、これに尽きます。

次に、眼の疲れをとる方法を少し挙げてみますね。
@簡単に眼の疲れを取る方法
眼をギュッと閉じて、パッと緩める。 これを5回程繰り返します。
A眼のまわりの「眼の疲れをとるツボ」を指圧します。
魚腰(ぎょよう) 、攅竹(さんちく) 、晴明(せいめい) 、承泣(しょうきゅう)、糸竹空(しちくくう) 、瞳子りょう(どうしりょう) 、太陽(たいよう)など
Bお湯で温めたタオルを眼の上に置く。(夏は、反対に冷たいタオルの方が気持ちいいです。)

眼鏡をかけたくない場合には、手術と角膜矯正法があります。
乱視がひどい場合は、手術では、イントラレーシック、フェイキックIOLなどが効果的だそうです。角膜矯正法では、コンタクトレンズを使用した「オサート」という治療法があります。

角膜矯正法は、夜寝ている間にコンタクトを装着し、昼間は裸眼で生活するというものですが、コンタクトを使用するため、手入れが面倒だという欠点があります。手術は、ちょっと不安な面がありますが、それを乗り越えれば手術後は徐々に視力がアップし、何と言っても裸眼で生活ができるのが魅力ですよね。

Q:
ここに質問を入力します。

A:
ここに回答を入力します。


関連ページ

メニュー
運営者情報

私のサイトにご訪問戴き、ありがとうございます。
視力回復にチャレンジ中の「kiyo」と申します。

プロフィール

いろいろな視力回復方法を実践して徹底検証していきますので、よろしくお願い致します。

私のプロフィールはこちらです。


ブログも書いています。視力回復について実際の経験を基に記事を書いていますのでぜひ参考にしてくださいね。

私のブログはこちらです。


サイト内検索

こちらからサイト内の記事を検索できます。

inserted by FC2 system