トップ > 視力回復と食べ物

視にいい食べ物とは?


これを食べれば誰でも眼がどんどんよく見えるようになる
という魔法の食べ物は・・・?


一時期、ブルーベリーがとても有名になった時期がありました。
実際に、ブルーベリーを食べて、視力が回復した人もいました。


しかし、回復しない人もいます。
それは、なぜなんでしょうか?


網膜が有効に働いていない人がブルーベリーを摂ると、
それに含まれるアントシアニンという成分が網膜に働き、
神経伝達物質のロドプシンの再合成を促し、視力が回復する
という現象が起こる場合もあります。
もし、網膜が有効に働いている人がブルーベリーをたくさん食べたら・・・・・。


つまり、あなたにとって不足しているものがあり、
それが視力低下の原因になっているとしたら、
それを補うことで視力が元に戻るための一助になると思います。


しかし、自分にとって不足している栄養成分で、
実際に視力低下の原因になっているものが何なのかを
突きとめることはとても難しいことです。


つまり、食事で気をつけることは、
偏らずにいろいろなものを食べることだと思います。


以下で、眼に良い成分、食品例、どのようにいいのかなどをまとめてみました。
これらを参考にしながら、上手に食べ物を楽しみたいものですね。


[栄養素、食品と視力の関係NO.1]
栄養素、食品と視力の関係NO.1


[栄養素、食品と視力の関係NO.2]
栄養素、食品と視力の関係NO.2


視に悪い食べ物とは?


一言でいえば、眼に悪い食べ物とは、「健康によくない食べ物」です。
つまり、血液がドロドロになるものが、よくないと言えます。


具体的には、


@糖分の摂り過ぎに注意


お菓子の食べ過ぎには注意しましょう。
甘いものを摂り過ぎると、糖分を分解してエネルギーに変えるのに
ビタミンB1が消費されます。これにより、眼は疲れやすくなります。
ウサギに砂糖を多量に食べさせたら、眼球の発育に影響があり、
近視になったという実験報告もあります。


また、血中のアルカリ濃度が低下することにより、
カルシュウムの働きが悪くなり、
強膜の弾力が無くなり、眼球が楕円形になってしまうことが起こります。


Aの摂り過ぎに注意


肉の油の部分はもちろんのこと、
料理に使うサラダ油、ラード、バターなどの油でも摂り過ぎると、
血液がドロドロになる原因になります。
意識して青魚を食べるようにしましょう。



関連ページ

メニュー
運営者情報

私のサイトにご訪問戴き、ありがとうございます。
視力回復にチャレンジ中の「kiyo」と申します。

プロフィール

いろいろな視力回復方法を実践して徹底検証していきますので、よろしくお願い致します。

私のプロフィールはこちらです。


ブログも書いています。視力回復について実際の経験を基に記事を書いていますのでぜひ参考にしてくださいね。

私のブログはこちらです。


サイト内検索

こちらからサイト内の記事を検索できます。

inserted by FC2 system